さいたま市で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

さいたま市で高耐震のマイホームを建てたい!地震に強い家づくりのポイント

家づくりノウハウ
公開日:2024.04.09
最終更新日:2024.05.20
山井建設の家づくり写真
山井建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2024.04.09
最終更新日:2024.05.20

さいたま市で高耐震のマイホームを建てたい!地震に強い家づくりのポイント

グレー基調で落ち着いた雰囲気の勾配天井のダウンフロアリビング
地震が頻発している中、新築住宅を建てる時に気になるのが家の「耐震性能」です。今回は、耐震性能に関する基本情報をはじめ、さいたま市における地震情報などをご紹介します。耐震工法のメリットや、地震に強い家づくりのポイントをまとめました。さいたま市の過去の災害事例、今後の地震による災害リスクもお伝えしますので、これから市内で土地探しを始める方は、ぜひ参考にしてください。

目 次

耐震・免震・制震を比較しよう

耐震建築・制震建築・免震建築の解説付きイラスト
一戸建て住宅などで建物の耐震性を確保する構造には、主に「耐震・免震・制震」3つの種類があります。それぞれの特徴を比較して見ていきましょう。


耐震



免震



制震



地震の揺れ






コスト面




×~△


〇~◎


工期




×



メンテナンス



なし


必要


使用装置による

耐震

住宅の壁に耐震壁を設置し、地震による損傷・倒壊を防ぐ構造。地震の揺れによってダメージは残るが、地盤・土地を選ばずに簡単に工事が施せる工法。

免震

住宅と地盤の間に「免震装置」を入れることで、地面と建物を切り離し、地震の揺れを建物に伝達させない構造。大地震や横揺れにも強く、建物被害や内部被害(家具の転倒など)も最小限に留められる反面、設置やメンテナンスなどに大きなコストがかかる。

制震

地震の揺れを吸収する制震装置を入れて、建物に伝わる地震の揺れ幅を小さくする構造。揺れを吸収するので、住宅本体へのダメージが軽減される。耐震構造と比べると、設置・メンテナンスにコストがかかる。

地震が頻発して起きる日本の中で、最も一般的で比較的コストを抑えられる手法は、耐震工法です。耐震工法のメリットは、地震に限らず台風などの強風による揺れにも対応していたり、地盤・土地による影響を受けにくいので、住宅に地下室を設けたりすることができる点です。しかし、揺れを吸収・逃すことはできないため、地震の揺れが直接住宅に伝わってしまいます。揺れによる建物へのダメージが残る点も、耐震工法のデメリットといえるでしょう。

>>大宮区の注文住宅の耐震性能とおすすめのエリアについてはこちら

家づくりにおける耐震化の重要性

耐震等級をイメージした住宅のイラストセット
国土交通省は、住宅の耐震化について「大地震から生命・財産を守るためには、住宅の耐震化を図ることが必要。一人ひとりが問題意識を持ち、取り組むことが重要」と述べています。世界有数の地震大国である日本で家づくりをする時には、地震に耐えるための「耐震化」の観点が重要となるでしょう。ここからは、耐震性能の高い家づくりをする時の確認点をご紹介します。

住まいの「耐震等級」を高めよう

安心の住まいづくりのためには、「耐震等級」を意識してみましょう。安心な家づくりをするための公的制度である「住宅性能表示制度」の中に、耐震性能をわかりやすく示す「耐震等級」という基準があります。耐震等級は「地震に対する構造躯体の倒壊・損傷のしにくさ」を表すもので、具体的な性能は下記のように定められています。


等級



具体的な性能



等級3

(最高等級)



(数百年に1回くらいの)極めてまれに発生する地震による力の「1.5倍」の力に対して、建物が倒壊・崩壊などしない程度



等級2



(数百年に1回くらいの)極めてまれに発生する地震による力の「1.25」倍の力に対して、建物が倒壊・崩壊などしない程度



等級1



(数百年に1回くらいの)極めてまれに発生する地震による力に対して、建物が倒壊・崩壊などしない程度=建築基準法と同レベル


等級1は、建築基準法で全ての建物に求める「最低基準レベル」となっており、等級3は、その1.5倍の強さ(構造の安定・耐震性など)がある建物といえます。

2016年に起きた熊本地震では、大きな被害があった地域においても耐震等級3の住宅には「多大な損傷が見られず、大部分は無被害であった」と報告がありました。耐震性の高い住宅は地震による影響が小さい一方、耐震性の低い住宅は建物の崩壊・損傷のリスクが高くなります。

参考元:国土交通省|住宅・建築物の耐震化について
参考元:国土交通省|地震からわが家を守ろう
参考元:国土交通省|確かな性能・安心の住まいづくりをしませんか?
参考元:国土交通省|新築住宅の住宅性能表示制度かんたんガイド
参考元:国土交通省|熊本地震における建築物被害の原因分析を行う委員会 報告書

地震に強い家を建てたい!何が大切?

住宅性能評価
住宅の耐震性は、基礎、柱や梁、壁などの「構造躯体の強さ」が十分にあることが重要です。また、新築住宅を建てる土地の地盤状態も耐震性に大きく関係しています。その他にも構造・形がシンプルであることや、建物の高さが低いことも地震に強い家の特徴です。

耐震性能を重視するなら「住宅性能表示制度」を活用して、住宅の耐震性などの性能評価が示された住まいが安心です。住宅性能評価基準が満たされた構造設計がされているか設計図書によってチェックされた新築住宅には、設計住宅性能評価書が発行されます。

木造住宅の安全性を確認する「構造計算」をチェック!

家と設計図、構造設計
木造住宅の安全性を確認するためには、主に3つの方法があります。その中でも、最も簡易なものが「仕様規定(壁量計算)」で、次いで「性能表示計算」。そして、最も詳しく検証する方法が「許容応力度計算(構造計算)」です。

現状、木造3階建て以上の住宅には、許容応力度計算書の提出が義務づけられていますが、一般的な2階建て・平屋の木造住宅では求められていません。耐震性能を重視する場合には、住宅会社・工務店などが、どのような構造計算方法をとっているのか確認しておきましょう。

山井建設では、最も耐震性能が高い「耐震等級3」が標準仕様です。また、目に見える安全を提供するため、1棟ごと構造計算を実施しています。許容応力度計算を行い、構造専門の建築士がさまざまな角度から住宅の耐震性をチェックしているので安心です。

参考元:国土交通省|地震からわが家を守ろう
参考元:国土交通省|確かな性能・安心の住まいづくりをしませんか?

さいたま市における過去の災害情報

地震による地割れと液状化現象
東日本大震災では、埼玉県さいたま市においても大きな被害がありました。さいたま市大宮区や浦和区では震度5弱~5強を観測しています。また、その影響によって市内でも宅地や道路において液状化が発生するなど、多くの液状化被害も報告されました。

今後も大宮区や浦和区を含むさいたま市では、関東平野北西緑断層帯地震・さいたま市直下地震など、大きな地震が起こるリスクが高いと考えられています。土地探しをする際には「さいたま市地震防災マップ」などを活用して、地盤の揺れやすさ・液状化危険度・建物の倒壊危険度などを事前に確認するようにしましょう。そして、その土地に合わせて、適切な住宅の耐震化を施すようにしてください。

参考元:埼玉県|液状化関連情報(トップページ)
参考元:さいたま市|さいたま市地震防災マップ
参考元:さいたま市|地震防災マップ

>>さいたま市浦和区で危惧すべき災害と対策についてはこちら

高耐震住宅をさいたま市で建てるなら、山井建設にお任せください!

白い外壁に木目がアクセントのすっきりとした外観
耐震性能に関する基本情報や、さいたま市の災害リスクなどをご紹介しました。安心安全に暮らすためには、耐震性能を高めることが重要です。耐震性を重視した家づくりにこだわりたい方は、ぜひ山井建設にご相談ください。

山井建設では、最も耐震性の高い「耐震等級3」を標準仕様としており、建築士による厳密なチェックを行うなど、住宅の安全性を重視しています。また、地盤調査によって地盤改良工事が必要な場合には、環境にやさしい改良工法で行っています。
高耐震で安心の住まいづくりのお手伝いは、さいたま市での実績が豊富な山井建設にお任せください。
#埼玉県さいたま市北区 #埼玉県さいたま市大宮区 #埼玉県さいたま市中央区 #埼玉県さいたま市浦和区#注文住宅 #新築 #R+house #高耐震 #家づくりの基礎知識 #耐震

おすすめのコラム
ためになって、面白い知識を大公開

山井建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.06.10

断熱性だけじゃない!注文住宅における重要な性能とは?さいたま市の気候や補助金制度も紹介

山井建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.06.03

さいたま市の保育園・幼稚園情報|浦和区など子育てにおすすめのエリアも紹介

山井建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.30

耐震等級はどこを目指すべき?さいたま市のリスクを知ってマイホームの地震対策をしよう

山井建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.13

さいたま市中央区で注文住宅を建てるなら!水害対策や耐震性の高さに考慮した家づくりを

前へ
さいたま市中央区で注文住宅を建てるなら!水害対策や耐震性の高さに考慮した家づくりを
さいたま市の保育園・幼稚園情報|浦和区など子育てにおすすめのエリアも紹介
次へ
さいたま市中央区で注文住宅を建てるなら!水害対策や耐震性の高さに考慮した家づくりを
さいたま市の保育園・幼稚園情報|浦和区など子育てにおすすめのエリアも紹介

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅事例をご紹介します

お客様の声
お施主様のリアルな思いを紹介します

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

山井建設の家づくり写真
施工事例や家づくりアイデアをご紹介

山井建設の家づくり写真

お問合せ
注文住宅のご相談・お問い合わせはこちら

R+houseさいたま中央店
住所
埼玉県さいたま市中央区本町東3-6-2
営業時間
10:00~17:00