さいたま市で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

R+house〜建築家とつくる高性能な注文住宅〜

カウンターキッチンの家
“デザイン性”と“機能性”を高水準で両立する理想の住宅。そんないつか住んでみたいと思うような住宅を、手の届く価格で提供するのがR+houseです。

R+houseの魅力

R+houseでは単に流行のデザインや設備を取り入れるのではなく、普遍的なデザインで、快適性・省エネ性・耐久性を追求し、コストの無駄を省き「建築家住宅」を提供しています。
“夏は涼しく、冬は暖かい住宅”を叶えるためには、外の暑さや寒さの影響を部屋の中に与えないことが大切なポイント。そして、高断熱な住宅をより快適な状態で長持ちさせるために、一般的に高気密とされる気密性能値を大きく上回る家づくりを実現させています。また、「耐震性」については2つのポイントで、地震に強い家を実現しています。

「HEAT20」“G2グレード”が基準、「ZEH」もクリア

  R+houseさいたま中央店で目安としている断熱性能の数値は、「HEAT20」“G2グレード”の0.46W/㎡・K、気密性のC値(隙間相当面積、数値が低いほど高気密)は0.5㎠/㎡以下Wを指標としています。より厳しい「HEAT20」基準を満たしているので、当然ながら「ZEH」基準もクリアしています。 
 この性能値だと、例えば冬場で18℃を下回らないようにエアコン2台を稼働させても、年間の冷暖房費が約2万円ほどで収まります。エネルギー消費が少なくなることで、長期的に見たときのランニングコストをグッと抑えることができるのです。(ただし、世界情勢や社会情勢などに左右されます)

省エネ性を高める、特殊な断熱材「R+ パネル」

  特殊な断熱構造耐力面材「R+ パネル」を採用していて、“長期優良住宅”基準として設けられているUA値と「ηAC値」を大きく上回ることに成功し、高い省エネルギー性能を実現しています。 
 ちなみに「ηAC値」とは“平均日射熱取得率”のことで、住宅にどのくらいの日射熱が入るかを表した数値です。数値が大きいほど日射熱が住宅内に入ることを表しています。つまり、冬季における室内の暖かさに関わってきます。 
 「R+house」で採用している「R+ パネル」は、構造用の面材(体力壁)と断熱材が一体化したものです。断熱材の素材に使われている「ネオマフォーム」は、トップクラスの断熱性能を誇ります。さらに経年劣化も少なく、長年にわたり高性能を維持できるのも大きなメリットです。

耐震性

R+houseさいたま中央店のすべての住宅は、構造専門の建築士が、許容応力度構造計算を行い、その耐震性をさまざまな角度から厳密にチェックして、「耐震等級3」を取得しています。

建築家や職人が一丸となって「高性能の家を作る」という意識 

 「建築家によるデザイン」の項目で詳しく紹介していますが、弊社では専門家である建築家に設計を依頼しています。 
 ただ単にお客様のご要望を鵜呑みにするのではなく、住む人たちが生涯にわたって飽きのこないようなデザイン、住み心地のいいデザイン、使い勝手のいいデザイン等を意識して設計し、“楽しく住める家づくり”を心掛けています。 
 また、「経験豊富な職人」の項目でも触れましたが、職人全員に「“高性能住宅”を作っているという自覚をもってもらう」ようにしています。 
雨漏りなどが起きないよう、防水に関しては細心の注意を払い、施工方法なども細かく規定し、職人全員に徹底しています。 
 これらはすべて、家づくりに携わるすべてのスタッフに、住む人たちのことを考えながら、妥協しない施工をしてもらうためです。顔を知らない同士だと、なかなか意思疎通も難しくなってしまいますが、R+houseさいたま中央店ではお客様との打ち合わせに建築家や工事担当が同席し、積極的に意見交換を行っています。
#建築家
#注文住宅
#新築
#R+house
#おしゃれ
#高気密
#高耐震
#高断熱
#高耐久
#ZEH
#HEAT20 G2

商品
私たちの商品をご紹介します。

山井建設の家づくり写真

R+houseさいたま中央で建てる平屋の魅力

平屋は一般的に、落ち着いた雰囲気と広々とした空間を提供する住宅スタイルとして人気があります。平屋はバリアフリーであり、段差が少ないため、お子様や高齢になってからも安全で快適な生活空間を提供します。また、一つの階に生活空間が確保されているため、家族のコミュニケーションが視野に入りやすいということもあります。一方で広い土地(敷地)が必要だったり、広い空間なので性能が低くなってしまうというデメリットも。そんな一長一短ある平屋ですが、R+houseであれば理想の平屋を建てていただくことが可能です。 R+houseは、機能性と美しさを抑えたデザインが特徴であり、限られた土地を最大限に利用し、自然光を取り入れたり、開放的な間取りを採用することで、広さを感じさせる空間を実現することができます。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅事例をご紹介します

お家づくりの流れについて
私たちのお家づくりの流れについてをご紹介します。

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

山井建設の家づくり写真
お金
2024.02.26

さいたま市浦和区で受けられる子育て支援をまとめ|手続き方法も解説

山井建設の家づくり写真
暮らしのポイント
2024.01.17

【前編】省エネ&創エネ住宅「ZEH(ゼッチ)」とは?/基準や国の取り組みを紹介

山井建設の家づくり写真
暮らしのポイント
2024.01.17

【後編】省エネ&創エネ住宅「ZEH(ゼッチ)」のメリット・デメリットや補助金制度を解説

山井建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.17

さいたま市の分譲住宅・建売住宅・注文住宅の違いって何?それぞれのメリット・デメリットとは【前編】

山井建設の家づくり写真

お問合せ
注文住宅のご相談・お問い合わせはこちら

R+houseさいたま中央
住所
さいたま市中央区本町東3丁目6番2号
営業時間
09:00~18:00
休業日
日曜日