TOP
お金
2022.12.27

住宅ローンについて

住宅ローンイメージ画像

目次

皆様こんにちは。

R+houseさいたま中央店の大沼です。

今回は、住宅ローンについて少しお話をしたいと思います。

住宅を新築・建替え・大規模リフォームなどをする際、みなさん住宅ローンを利用される方が大半だと思います。

現在、住宅ローンの金利は史上最低水準が続いているため、住宅ローンの金利が返済負担も少なくマイホームを手に入れることができます。

その住宅ローンの金利にも色々と種類があるのはご存じでしょうか?

まず、住宅ローンを借りる場合には、2つの金利プランがあります。


固定金利


固定金利は、2年・3年・5年・10年など決められた期間内は金利が変動しないものになります。
金利の固定期間が切れた場合は、その切れた時の金利に見直され再度期間を設定しなおす。といった流れになります。
中には、借入期間ずっと変動しないものもあります。

基本的に固定期間が長ければ金利が高くなっていき、手数料や保証料もその分高くなります。借入する機関によってはその手数料や保証料も金額が変わっていきますので注意が必要です。



変動金利


変動金利は1年に2回(半年に1回)金利の見直しがあるのでその都度金利がかわるものになります。


また、変動金利には5年ルールと呼ばれるものがあります。

先程、変動金利は半年に1回金利の見直しが入り、金利が変わることをお伝えしました。
しかし、返済額がその都度かわるわけではありません。
もし変わったとしても、6年目以降に今までの返済額から1.25倍までしか上がらない。といった仕組みになります。
返送金利は金利が不安定なので毎月の返済額が心配といったことがないように、この仕組みが存在しています。
急な出費があっても返済額が1.25倍までしかあがらないのでメリットにも感じます。

ですが、返済額が上がる率が制限されているだけで、実は金利は変わっているので内部では利息がかかっています。
35年で返し終わる予定が、この5年ルールによって返し切れていない、といったことが生じてしますのです。
この5年ルールですが、採用していないところもあるので、もし変動金利を利用される方は、一度確認しておく必要があります。

変動金利・固定金利もそれぞれメリット・デメリットがあります。

R+houseさいたま中央店では、住宅ローンに関して住宅ローンを専門的にサポートする窓口を設けました。


提携会社:WhatzMoney株式会社

専門的知識が豊富な方が、住宅ローンに関してサポートしてくださいます。

家づくりを検討されている方は、お気軽に何でもご相談ください。


お金 住宅ローン
こどもみらい住宅支援事業の業者登録が完了しました!
こどもエコすまい支援事業がスタートしました。
コラム/ブログ一覧へ戻る

日程が近いイベント

おすすめの事例

無料の"個別相談"をほぼ毎日開催
「お金はどれくらいかかるの?」「どんな土地を探せばいいの?」など、家づくりに関する気になることやお悩みは、まずは何でもお気軽にご相談ください!住宅のプロが丁寧にお応えいたします。

営業時間 9:00~19:00 毎週水曜日定休